戦略設計 - オムニチャネル・LTVを意識したグロースハック戦略

EzONEのホームページ戦略について

EzONEでは、ホームページを「オムニチャネルの中のツールの1つ」と位置づけ、① 企業活動の中の「コミュニケーションチャネルの1つ」としてホームページ制作を行ってまいります。

さらに、ホームページ自体がチャネルとしての機能をしっかり果たすよう、② 成長できるメディアにするための戦略見なおしを定期的に行いながら、サイト運用改善に取り組みます。

顧客とのあらゆる接点を意識したオムニチャネル

オムニチャネル

オムニチャネルとは、店舗・営業所、複数のホームページ、広告、メール、各種SNSなど、顧客との接点となるあらゆる販売チャネルを接続させる考え方のことをいいます。リアルとネットがそれぞれに影響しあい、より販促効果の高い効果を得られるように、ビジネス全体を意識したマーケティング戦略になります。

企業が営業活動を行う上で、認知度を高め、売上を伸ばしながら企業活動を継続することは必要不可欠です。オムニチャネルを意識してホームページ制作を行うことで、ホームページの持つ役割とゴールを明確にし、目的に合わせた運用を行うことができるようになります。

例えば、コーポレートブランディングを行うために、企業の経営理念や想いを世の中(社内・社外)に伝えたり、自社商品販売のための販売チャネルとしてECサイト制作を行い、便利で使いやすいホームページとして運用を行うなど、目的を意識することで、課題や施策の検討を行うことが可能になります。

LTV(ライフタイムバリュー)を意識したホームページの運用

LTV(ライフタイムバリュー)は、1人あたりの生涯時間をベースに、顧客と長く継続した関係を続けることによって、顧客単価を伸ばしていくという考え方です。 『お客さまに出会い』→『商談を行い』→『さらに継続的な関係性を続ける』ために、各カスタマージャーニーでホームページの持つ役割を検討いたします。

  1. ユーザーとの接触(マーケティング)

    まだ認知されていないユーザーと最初につながるための入口(営業活動・Web集客・広告・SNS等)を検討します。

  2. 商談(営業)

    具体的なサービス提供(商品販売)までの商談を進めるための施策を検討します。

  3. サービス提供(カスタマーサービス)

    実際にサービス提供または商品販売を行いながら、顧客からのフィードバックや、社内からの改善要望をもとに、ホームページの中身も改善します。

  4. 関係性の継続(アフターサポート)

    リピーターや紹介を獲得するための施策も検討していきます。

ホームページ自体の成長を考えたグロースハック戦略

作成したばかりのホームページは、集客力を持たず、SEOの評価となるドメインパワーも弱い状態からスタートします。

認知度を高めるために、Webマーケティングによってユーザーを獲得し、ファンを育成するために、徐々にナーチャリングを行うなど、それぞれのタイミングによって戦略を適宜見直し、費用対効果につながるホームページ活用方法を検討します。

ホームページ運用を行う際は、リソース(予算や人材)が必要になりますので、何をどこまでやるか?できる範囲でどうするか?ということを前提に、現実的に実現可能なプランを検討することが大切です。

AARRRモデルを参考にしたホームページの成長フェーズ

Acquisition(ユーザー獲得)

まだ認知されていないユーザーと最初につながるための入口(営業活動・Web集客・広告・SNS等)を検討します。

Activation(活性化)

ホームページを訪問したユーザーが、どのようにホームページを閲覧し、具体的に行動しているかをアクセス解析結果をもとに判断し、サイト運用改善に取り組みます。

Retention(継続)

ユーザーがホームページを訪問するための機会を用意するために、定期的なコンテンツ配信や、イベント開催等の告知を実施し、継続利用するユーザーを獲得していきます。

Referral(紹介)

実際の顧客になったユーザーが、SNSを使った紹介やコンテンツシェアをしてくれるような仕組みを検討し、プロモーションを行ってまいります。

Revenue(収益化)

ホームページ制作や運用にかかった費用に対し、効果が上回るように継続的な改善を行いながら、PDCAを回していきます。対応する人材も必要になりますので、随時勉強会なども実施しながら継続改善に取り組みます。

ビジネスごとにカスタマージャーニーを検討し、1つ1つ丁寧にホームページに落とし込むことで、成長するホームページにしていきます。ホームページの運用には時間がかかるため、できるだけシンプルに作業をご継続いただけるよう、運用負荷が少ない計画を立てながらサポートさせていただいております。