求人サイト制作とは?
求人広告と連携した優秀な人材獲得の方法

前のページ次のページ

求人(リクルート)サイトとは?

求人サイト

求人サイトは、その名のとおり、求人することを目的に作成します。優秀な人材を得ること(育てること)は、企業が成長するために必要な要素です。

人材を得ることによって、業務がスムーズに回るようになるだけではなく、会社そのものの評価にもつながり、新しい発展や時にはマイナスの影響を受けることにもつながります。

人材と企業がマッチングし、お互いの価値観や理想をを共有することで、同じ進行方向に向かって経営を伸ばしていくことになります。そのため、求人の段階で企業としての意志を伝え、求職者との相互理解を得られるようにしておくことが大切です。

基本的な求人情報を掲載する

求人要項

求人サイトを立ち上げる場合、事業内容の紹介や募集要項の掲載はもちろんのこと、代表者からのメッセージや、先輩の声、就業環境や働くメリットなどを掲載して、求職者に企業イメージをしっかり伝えるようにコンテンツを準備していきます。

また、社内のリアルな雰囲気が伝わるように、写真撮影や動画撮影をして素材を用意し、臨場感のあるホームページにすることがオススメです。

具体的には、次のような情報をまとめて掲載すると良いでしょう。

  • 職種や役職

    現在求人が必要な職種や役職名を明確に掲載し、求職者が見た際にすぐに理解できるように掲載します。

  • 仕事内容

    具体的な仕事内容や業務内容を説明します。業務内容ごとに分類し、やりがいなどのメリットも添えるとわかりやすく伝わります。

  • 求めるスキルや人柄

    全くの初心者でも教育制度によって採用が可能かどうか、または経験者である程度の知識を持った人を求めているのか等、最初の入口でミスマッチが起きないように掲載します。

  • 勤務条件

    勤務地、勤務時間、雇用形態(正社員、契約社員、パートタイムなど)、給与・報酬、福利厚生などの勤務条件を掲載します。求職者はこれらの条件を参考に、自分自身のライフスタイルや、経済的な条件にあうかどうかを判断することができます。

  • キャリアパス・成長機会

    求職者が長期的なキャリア形成を考える場合、入社後の成長機会についての情報も提供します。スキルの習得ができる環境や、教育・研修制度、昇進や昇給など、将来提供されるベネフィットについても記載しておくとPRになります。

求職者となるターゲットへのメッセージを発信

リクルートするターゲットを決める

募集する人材が、どういった人物像で、どのような人間性を持っているか、入社後の相性も考えてメッセージを記載します。

もし会社が「売上を伸ばすために、積極的に動ける人材が欲しい」や「クリエイティブで好奇心の強い人材が欲しい」と考えていれば、その意志が伝わるように明文化します。

「業務的な技術を持っている人」「資格を保有する人」「経歴が素晴らしい人」などのスキル見合いだけで採用すると、採用後のミスマッチが発生する可能性も高くなるため、できるだけ会社のカラーと合う人材、今後の成長に必要だと思う人材を意識してコンテンツを作成していきます。

企業イメージを共有する

オフィスの雰囲気

企業側が意図するメッセージだけでは、求職者が具体的な環境をイメージしずらい場合もあります。

できるだけ、社内の雰囲気やイベント、企業活動、先輩の声など、実際の現場のイメージが伝わるような情報発信を行うことも効果的です。

動画やインタビュー記事を活用したり、社内で撮影した写真を掲載したり、求職者に「安心感」を感じてもらえるようなイメージを作ることがポイントです。

求職者とコミュニケーションをとる

オンラインでコミュニケーションをとる

就活を希望する1990年代後半~2000年前半に生まれた世代は、「Z世代」と呼ばれ、生まれたときからインターネットを利用できたという環境で育ちました。

そのためデジタル機器を自由に使いこなし、日常的にSNSやインターネットでの情報収集を行うことが多いのが特徴の世代です。

SNSを活用する

Z世代を対象に求人活動を行う場合、SNSやインフルエンサーを活用したマーケティングが効果的です。

例えば、InstagramやTikTok、インフルエンサーによる製品や企業のプロモーションなど、Z世代が目にしやすい媒体に向けてコンテンツを配信することで認知度が高まる可能性があります。

また、普段から人事や採用担当者がSNS上で求職者とコンタクトをとり、直接オンラインで交流するなどのコミュニケーションを図ることで、企業を身近に感じることができ、具体的な採用へつながる場合があります。

求人媒体へ掲載を行う

求人サイトへの流入をうながすには、対象となるターゲットが閲覧しそうな媒体へ広告や記事の掲載を行うことも効果的です。

新卒・中途採用に分けて考え、さらに「正社員」「派遣」「パート」などの雇用形態別に求人媒体を探して掲載を行います。知名度が高い求人媒体の場合、有料での掲載になる場合や、採用後の成果報酬などの支払いが発生することもあります。

その分、閲覧者も多く、影響力も高いため、臨機応変に活用して、採用活動を行いましょう。

イベントに参加する

求人イベントに参加することで、本気度の高い求職者と直接コミュニケーションをとり、会社案内イベントなどへ誘導することにつながります。

その際に、求人サイトがあれば、PRのポイントとして活用できます。オフラインイベントで、Webサイトへの流入をうながす場合は、スマホなどの携帯端末からの閲覧がしやすいようにしておくことも大切です。

特にZ世代などのデジタルネイティブに向けてPRを行う場合、スマートフォンだけでなくタブレット端末でもレイアウトの最適化を行い、ユーザービリティを高めておくと信頼感につながります。

次ページ:Webサービス開発